産後骨盤矯正について詳細|長泉 三島 伊豆の国の専門院の岡メディカル整骨院

​産後骨盤矯正詳細

​Postpartum pelvic correction detail

​産後骨盤矯正詳細

​こちらのページでは、現在妊娠中のママや、これから産後骨盤矯正を「受けよう」もしくは「受けるか検討中」のママ向けのページです。骨盤矯正がはじめてのママは、なにかと不安も多いことと思います。そんなママの不安を少しでも解消できればと思いますので、ぜひお読みください。

​まずはじめに

​まずは、ご出産お疲れさまでした。
ご家族にとって一大イベントのひとつでもある「出産」。
生まれてきた赤ちゃんと出会えた喜びをかみしめつつも、今後待ち受けている新しい生活に不安を持たれるママも多いかと思います。
からだにどんなに不調があっても、赤ちゃんは待ってはくれません。出産の終わりは子育てのスタートなのです。

三島市の産後矯正専門院の岡メディカル整骨院はお子様連れOK!女性スタッフによる託児の他、ベビーベッド、キッズスペースの完備。
 

​産後のトラブル

​現在の日本では、経腟分娩で元気なママは、出産当日からでも自宅で生活が可能なまでになりました。
病院では医学的な治療が必要な場合以外は、産後ケアは時間が解決するものとの認識がいまだに根付いてしまっているのが現状です。
しかしながら、出産後の骨盤のゆがみが原因で、骨盤がグラグラしたり、恥骨痛や腰痛、尿漏れなどの不調もあります。ましてや初産の場合は、産後すぐの状態で何も分からず、育児がはじまり、いろいろと不安に思うこともあると思います。

出産という一大イベントを終えたママが出産後にまで大変な思いをしないためにも、産後骨盤ケアが必要なママ達に本当の産後骨盤ケアを受けて頂きたく、三島市の岡メディカル整骨院では「産後の骨盤ケア」をどこよりも力を入れ診療いたしております。

産後は骨盤がゆがんだままだったり筋力低下の状態で育児や生活をしていると、筋肉がうまく使えず姿勢が悪くなってしまいます。この状態が続くことで、腰痛や股関節痛など身体にさまざまなトラブルが起こります。

​産後に起こるトラブル例

​● 骨盤(仙腸関節)、股関節の痛み
● 恥骨痛
● 腰痛
● 頭痛
● 肩こり(育児によるものも)
● 身体の倦怠感
● 代謝が悪くなり、太りやすい
● 生理痛、生理不順
● 下腹ぽっこり
​● 尿漏れ、便秘

​産後のトラブル原因

 

​・産前から骨盤のゆがみ(姿勢が悪い)

​産前・妊娠前から骨盤のゆがみがあるママは妊娠・出産で骨盤のゆがみを助長させ、産後トラブルを招きやすいです。

​・妊娠中に体重増加が多かったママ

​体重がたった1キロ増えるだけで、身体にかかる負担は動作によっては5キロ~10キロ増えることも。妊娠中の大幅な体重増加は母体に負担をかけ難産になるリスクが上がるほか、妊娠糖尿病、産後ママの身体トラブルの原因となります。

​・リラキシンの過剰分泌

​出産で骨盤を広げるためにリラキシンというホルモンが分泌され、骨盤周囲の筋肉や靭帯などを緩ませます。この時、人によってはホルモンの過剰分泌によって緩みすぎて骨盤がグラグラの状態になってしまいます。

​・これまで運動習慣がなく、筋肉がない・硬いママ

​筋肉がない・硬いママは産後のトラブルを招きやすいです。骨盤をはじめとする骨格を支えるのが筋肉です。その筋肉がなかったり硬かったりすると、骨盤のゆがみや産後のトラベル原因になってしまいます。

​産後矯正ケアのメリット

​産後の骨盤ケアを行うことで、腰痛や恥骨痛、ひざ痛の改善のほか、骨盤が正しい位置に戻り、内臓が正しい位置で機能し、疲れにくく、痩せやすい体質に改善されます。
骨盤周りや腰周りがほっそりし、正しい位置に筋肉が戻ることにより、バストアップやヒップアップ、美脚効果が期待できます。

また、早期に始めることで
産後の体型戻しダイエット効果がぐんと上がるため、産後は出来る限り早期に産後の骨盤ケアを始めましょう。

​産後の骨盤ケアを行うことで、腰痛や恥骨痛、ひざ痛の改善のほか、骨盤が正しい位置に戻り、内臓が正しい位置で機能し、疲れにくく、痩せやすい体質に改善されます。 骨盤周りや腰周りがほっそりし、正しい位置に筋肉が戻ることにより、バストアップやヒップアップ、美脚効果が期待できます。  また、早期に始めることで産後の体型戻しやダイエット効果がぐんと上がるため、産後は出来る限り早期に産後の骨盤ケアを始めましょう。
 

​ママと家族にも知って欲しい「産褥期」

​出産後は産褥期といわれる期間に入ります。産褥期は一般的に産後6~8週間までの期間を指します。
​これは、妊娠と出産によって変化していた子宮などの臓器やホルモンバランスが、時間をかけて元の状態に戻っていく時期です。
帝王切開のママは回復に時間がかかるため、産褥期が若干長くなります。

産褥期は出産自体が与えたダメージを回復する期間でもあります。回復を促す意味でも、ママの家事・育児はなるべく最低限にと留め、周りのご家族が積極的にサポートしてあげましょう。

IMG_2509.JPG
 

​産後骨盤ケアをはじめるタイミング

​骨盤矯正専門院の当院では、産褥期を考慮して、普通分娩のママで産後2カ月から、帝王切開のママで産後3ヶ月から産後ケア(骨盤矯正、インナーケア)を受ける事を推奨しています。
ただし、体調の回復は個人差もありますので、体調がすぐれない、回復されていないママに関しては開始時期をズラしたり、調節する必要があります。分からなことがあれば当院までお気軽にご相談ください。

整骨院で産後骨盤ケアを受けるまでの間は、できる限り安静が大切ですが、それともう1つ!ゆがみが気なるママや、しっかりと元の状態に戻したいママは、「骨盤ベルト」の着用がオススメです。

産後の骨盤矯正の効果が最も得られるのは諸説ありますが、出産後半年以内(ゴールデンタイム)までにはじめると、より効果が出やすいです。ただし、出産後半年以上経過されたママでも骨盤矯正の効果は十分期待できます。当院では、産後3年以上経過されたママも施術しておりますので、悩まれていたらまずはご相談ください。

IMG_9827.JPG

​ 《産後ケアを受けるタイミング》
● 普通分娩のママ → 産後2カ月から
​● 帝王切開のママ → 産後3ヶ月から

 

​骨盤のゆがみパターン

産後骨盤のゆがみ方のパターンは人それぞれ。妊娠前からゆがみのあるママは、産後のゆがみがひどくなってしまう傾向にあります。ここで理解して欲しいのは、「骨盤のゆがみ」は産後だけが原因ではないということです。日常の生活習慣や運動不足、交通事故などによる大きな外傷によっても骨盤にゆがみが生じます。

phonto (59).jpg
 

​産後骨盤ケアにかかる費用の相場

​産後骨盤矯正の料金の全国平均は、1回あたり6千円~8千円程度です。さらにマッサージや機械の施術が別途追加されると、1万円近くかかることもあります。
産後ケアは1回で良くならないので継続した通院が必要です。結果的に
平均10万~15万円くらいがトータルでかかる費用となります。事実、私が院長として勤めていた都内のグループ院では産後骨盤矯正にかかる費用は大体14万円ほどでした。

料金については、用いる機材や地域差・スタッフの人数や広告宣伝費、家賃などの経費で院ごとに経営や考え方がありますので、ママ自身がしっかりと納得が出来れば産後矯正を行っても良いと思います。

お札と小銭

​産後骨盤矯正は行う所によってやり方が違うので注意

​近年、エステ、整体、サロンでも目にする産後骨盤矯正は、行う施設によってやり方、効果がまちまちなので注意が必要です。もし仮に、行う所の「骨盤矯正」が本当の骨盤矯正ではなくても、施術者が骨盤矯正といえば、骨盤矯正になってしまう世界です。施術は信頼のできる所でお願いしましょう。

 

​産後骨盤ケアは何回で治る?通院頻度は?

​通う回数の目安は10~15回程度。残念ながら身体の性質や構造上、たった1回の施術では、骨盤は治りません。これは歯の矯正と同じです。継続的な骨盤矯正やインナーケアを行い、骨盤のゆがみがない綺麗な元の位置へと定着させていく必要があります。

当院の産後矯正は最短で3ヶ月、トータル12回で行います。多少前後する場合もございますが、骨盤を正しい位置に定着させ、アフターフォローも考えての期間と回数になります。

通院頻度は、はじめは1週間に1回程度。その後、骨盤の状態をみて2週間~3週間に1回と間隔を空けながら施術を行っていきます。
通う上で気を付けてもらいたいのが、4~6回で「調子が良くなってきたから」と自己判断で通うのを止めてしまうことです。少しづつ矯正されてきた骨盤が実は、しっかりと定着しておらず、また元の歪んだ状態に戻ってしまうからです。骨盤をしっかりと元の位置へ戻すためにも途中で諦めない事が大切です。

公園を歩く家族

​産後ケアの回数は少なくても多くても効果がない

​大きいグループ院などは売上げ目的ででたらめな回数の産後ケアを提案するケースがあります。回数をやればやるほど良いのかというと、実はそうではありません。適切な回数といものがあります。また極端に少ないの場合も効果が疑わしいです。

 

​産後ケアでインナーケアも行う理由

​​骨盤矯正に正しい知識と理解がある院では産後骨盤矯正と併用してインナートレーニングを行います。なぜかと言うと、1度の出産で約10年分のインナーマッスルが低下すると言われ、骨盤周囲の靭帯やインナーマッスルが低下し緩んだままの状態にあるのと、歯の矯正では歯が動かないようにブリッジをします。このブリッジが骨盤矯正でいう所のインナーマッスルです。インナーマッスルがしっかりついて、上手く機能すると、骨盤のゆがみを抑制することが出来ます。
骨盤を整えるのも大切ですが、インナーマッスルを鍛えることも、同じくらい産後のママには大切です。

1度の出産で約10年分のインナーマッスルが低下すると言われ、骨盤周囲の靭帯やインナーマッスルが低下し緩んだままの状態にあるのと、歯の矯正では歯が動かないようにブリッジをします。このブリッジが骨盤矯正でいう所のインナーマッスルです。インナーマッスルがしっかりついて、上手く機能すると、骨盤のゆがみを抑制することが出来ます。 骨盤を整えるのも大切ですが、インナーマッスルを鍛えることも、同じくらい産後のママには大切です。

​リーズナブルな料金で行える医療用EMSマシン

​​近年では通販から家電量販店でも見かけることが多くなったEMSマシンですが、一般の方が扱えるものと、医療従事者がいないと扱えないものがあります。当院でインナーマッスルのトレーニングに使うマシンは、一般の方が扱えない医療用のマシンを使用しております。そのため、身体の深層部分にまで届き、特殊な電気により他動的に動かし効率よくトレーニングが行えます。

​トレーニング中はただ寝ているだけで大丈夫ですので、運動が苦手なママでも楽に、リーズナブルな料金で先進のインナーマッスルのトレーニングが可能です。

​産後の気になる食事

​Postpartum meal

​大切な赤ちゃんにも大切なママの食事

​​出産後に「何を食べたらいんだろうか?」「ついつい食べ過ぎちゃう」と食事面で悩んでいるママは多いのではないでしょうか?特に母乳育児を行うママや、骨盤矯正を行うママは必見です。
産後のママの疲労回復や体型戻し(ダイエット)のほか、大切な赤ちゃんの栄養のためにも、栄養の摂れた食事を取ることはとても大切です。
食事は外食を出来るだけ避け、和食中心が理想です。昔は「母乳のためにも、いつもの量の倍を食べなさい」という時代もあったようですが、食が豊かになり、栄養価の高い食材が食べられる現代では、その必要は一切ありません。

母乳育児のママはカフェインやアルコール、インスタント食品、油や砂糖でできたお菓子類は極力食べないようにしましょう。特に油分、糖分を多く含んだお菓子は、ママが太る原因だけでなく、母体の血液がドロドロになって質の悪い母乳になってします。大切な赤ちゃんのためにも気をつけましょう。

​​出産後に「何を食べたらいんだろうか?」「ついつい食べ過ぎちゃう」と食事面で悩んでいるママは多いのではないでしょうか?特に母乳育児を行うママや、骨盤矯正を行うママは必見です。 産後のママの疲労回復や体型戻し(ダイエット)のほか、大切な赤ちゃんの栄養のためにも、栄養の摂れた食事を取ることはとても大切です。 食事は外食を出来るだけ避け、和食中心が理想です。昔は「母乳のためにも、いつもの量の倍を食べなさい」という時代もあったようですが、食が豊かになり、栄養価の高い食材が食べられる現代では、その必要は一切ありません。 ​ 母乳育児のママはカフェインやアルコール、インスタント食品、油や砂糖でできたお菓子類は極力食べないようにしましょう。特に油分、糖分を多く含んだお菓子は、ママが太る原因だけでなく、母体の血液がドロドロになって質の悪い母乳になってします。大切な赤ちゃんのためにも気をつけましょう。
 

​当院が選ばれている理由

​​骨盤矯正/産後矯正 専門院の当院では現在、県内東部地域でも比較的遠方からも多くのご来院をいただいております。

理由は様々ですが、一番の理由は地域最大級の「圧倒的な施術実績数」です。
ご来院頂く多くのママ達に選ばれ、そして効果を実感して頂いております。一部通われている患者様の施術前後の姿勢写真をインスタグラムにてご紹介しています。詳細は「#岡メディカル整体院」でご検索下さい!

 

​​骨盤矯正/産後矯正 専門院の当院では現在、県内東部地域でも比較的遠方からも多くのご来院をいただいております。  理由は様々ですが、一番の理由は地域最大級の「圧倒的な施術実績数」です。 ご来院頂く多くのママ達に選ばれ、そして効果を実感して頂いております。一部通われている患者様の施術前後の姿勢写真をインスタグラムにてご紹介しています。詳細は「#岡メディカル整体院」でご検索下さい!

​産後骨盤矯正認定院として認定されています

​​日本で産後骨盤矯正を対応できる整骨院を紹介しているポータルサイトで当院が認定院として認定されております。
 

silver_250px.png
 

​卒業ママのお声

Attachment-1 (9).jpeg

​● どのような症状がありましたか?

​出産前から姿勢の悪さが気になっていて、出産後は、巻き肩・反り腰が気になりました。

​● 産後ケアを受け、どのような変化がありましたか?

​何回かに一度、姿勢の写真をとってくれ、初回の状態と比べてくれます。自分の姿勢がどんどん良くなるのが分かって、産後ケアを行って良かったです。

​※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

Attachment-1 (9).jpeg

​● どのような症状がありましたか?

​出産後3ヵ月で体重は戻ったんですが、体のラインが以前より崩れているように感じるのと左右でくびれの位置が違いました。

​● 産後ケアを受け、どのような変化がありましたか?

​やり始めていく内に、前より姿勢が綺麗になり、カラダのラインがスッキリしたように思います。インナートレーニングのせいか、便秘の解消にも繋がりました。

​※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

Attachment-1 (9).jpeg

​● どのような症状がありましたか?

​体重がなかなか減らず、骨盤が開いているせいか履いていたズボンが履けなくなりました。

​● 産後ケアを受け、どのような変化がありましたか?

​はじめてから2か月目より体重が落ちはじめ、履けなかったズボンが履けるようになりました。後ろから見た時のお尻がスッキリしました。

​※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

Attachment-1 (9).jpeg

​● どのような症状がありましたか?

​妊娠中から恥骨、股関節の痛みがあり、出産後は痛みがさらに強くなり なってしまいました。

​● 産後ケアを受け、どのような変化がありましたか?

​産後インナープログラム開始後より、痛みが和らいでいるのを実感し、プログラム終盤では、これまでの痛みがウソのように無くなりました。

​※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

​産後骨盤矯正をこれから行うママや検討中のママへ

​​産後の骨盤矯正で使うお金は、ママが自分の身体を今よりも健康で綺麗にしていくための必要な投資と言えます。いつまでの身体が痛いままで育児しますか?何年も経ってからあの時やっていればと後悔しますか?
だから決して無駄遣いではありません。赤ちゃんのために、いつまでも健康で綺麗でいるために、子育てで忙しい時間を割いてでも産後の骨盤矯正に通ってみてはいかがでしょうか?

IMG_4407.JPG