腰痛対策に正しいトレーニング方法は?

「腰痛」がキッカケでジムやカーブスに通っているけど全然変わらない!なんてお悩みのお声をよく頂きます。ジムやカーブスも決して悪いわけではないですが、腰痛には腰痛にあったトレーニングをしないと改善はできません!


まず腰痛対策ではインナーマッスルがしっかりトレーニング出来ていないと意味がありません。

ジムやカーブスなどで体を動かして鍛える筋肉はアウターマッスルと言い、体の表面的な筋肉なのに対し、ヨガやピラティスでじっくり時間をかけて鍛える筋肉をインナーマッスルと言います。

従って、腰痛対策ではインナーマッスルをトレーニングしなければいけません。


自分で行う方法としては、「ロングブレス」のような呼吸法を使ったトレーニングが望ましいです。


ですが、正直インナーマッスルって鍛えたくても中々鍛えられない!インナーマッスルの特徴としては鍛えるのに時間が非常にかかってしまいます。その代わり、しっかり身につけてしまえば、日常的にインナーが使えるようにもなり、大変落ちづらいです。


そんなインナーマッスルは、当院で簡単に効率良くトレーニングが出来てしまう方法があります。

それが、医療機器の3D EMSマシンです♪

よくある家庭用やエステ、整骨院にある簡易的なEMSと違って医療用のEMSです。

やり方は簡単!「30分間電気をお腹につけ、耐えるだけ」でトレーニングが出来てしまうというものです。トレーニングなので、多少はツライですが、自分でやることを考えたらとっても簡単。ただ、トレーニングして鍛えるだけではなく、動きやすい・使いやすいようにインナーの再教育が行えるのも特徴です。


腰痛だけでなく、便秘や肩こり、膝の痛み、体のシェイプアップにも最適です。


最新EMSの効果を是非一度当院でご体験下さい!